一本二役にした方が便利?

印鑑イメージ

印鑑は、一本で一役というのが普通の考えですよね。
どうせなら、両面印鑑にして、一本二役にした方が便利な気がしますが、その一本をなくしてしまうととても大変なことになってしまいます。

しかも、もしその一本が、実印と銀行印の二役をこなしていたら、さらに大惨事ですよね。
そういった危険性を防ぐためにも、基本的に一本一役の考え方が多いのかなと思います。

あとは、押すときに頭に別の印鑑がついていたら間違って押してしまったり、手が汚れてしまったりするかもしれません。
でも、そういった難しい印鑑ではなくてたとえば普段から遊び感覚で使えるスタンプやはんこなら一本で何役もこなせるものがあるといですよね。

たとえば、サインペンなら細いものと太いものが一本のペンについていることがありますから、それと同じような考え方です。
こういったタイプの印鑑があって、しかもペン型のように細ければ筆入れに入れても邪魔になりませんしね。

学校のノートを綺麗に仕上げるのには大活躍するのではないでしょうか。
印の別バージョンをあまり使わないとしたら、一本で二色を表現できるシャチハタなんてどうでしょうか。
片方は赤、片方は青とかだと、赤以外の印を押すときも便利です。

さらに、レインボーカラーの印なんて出てきたら、きっと楽しくなってしまうでしょう。
印鑑というと一押しが単色という考え方が普通ですから、シャチハタタイプの印鑑の構造を応用すれば、一押しで数色の色を同時に押すことだって出来るはずです。
その分印鑑自体は大きくなるでしょうが、かなりカラフルなものができあがるでしょうね。

ページの先頭へ