印鑑を携帯

印鑑イメージ

印鑑を携帯するときに、私はよくカバンの中についているチャックポケットを利用しています。
チャックがないと小物は落としてしまう危険性がありますからね。
また、印鑑の材質はつるつるしているものが多いですから、ちょっと油断をしていると、カバンからするりとすべりおちてしまうかもしれません。

印鑑ケースによっては、表面がざらざらしているものなどもありますが、あの手のタイプの印鑑ケースは結構立派なものが多いので、ケース自体が重くなってしまって、携帯するにはあまり向かない気もします。
銀行印だけ必要な場合に、印鑑セットのケースごと持ち歩くのはなんだか無用心ですからね。

できれば、一本ずつ持ち歩けて、邪魔にならず、重さも気にならないような印鑑ケースがあればいいなと思ってしまいます。
よく文房具売り場に行ったときに、印鑑ケースの売り場も見るのですが、なかなか気に入ったものが見つけられないんですよね。

以前知り合いは、自分お手製の手縫いの印鑑袋を使っていました。
たしかに布製なら、軽いですし、布の種類によっては滑り落ちてしまうような心配も無いですからね。
カバンには、携帯用のポケットや、ペットボトル用のポケットがついているものがあります。

ですが、印鑑用のポケットがついているようなものは、みたことがありません。
筆入れにだって、印鑑を入れるようなスペースが用意されていませんからね。
みなさんそれぞれに悩みながら、印鑑を携帯しているのかもしれませんね。

印鑑証明書は原則として、本人が請求するべきものだそうです。
自分で、印鑑証明書をとったことがないのですが、ここのサイトによると印鑑証明書は市区町村の窓口で請求するだけで取得することができるようです。

ページの先頭へ