印鑑を携帯するときに

シャチハタイメージ

印鑑を携帯するときに、どこに入れていいのか迷ってしまうことがありますね。
印鑑ケースがあるような立派なものならいいですが、安いものだとケースがないので、そのまま保管しているという人もいるかもしれません。

私も100円ショップで買った印鑑を一つ持っていて、同時に印鑑ケースも買おうと思ったのですが100円のものにケースをわざわざ用意するのもどうなのかと思ってしまって、そのまま印鑑だけ買って帰ってきた覚えがあります。

印鑑ケースがついているものは外で使うこともあるのですが、100円で買ったものは認印として買ったので、家でつかうことがほとんどですから、とりあえずケースがなくても何とかなっています。

それを朱肉と一緒にして、輪ゴムでとめているという、なんとも寂しい保管方法ではありますが…携帯する場合のオススメの運び方としては、筆入れに入れる方法です。
かばんにチャック付のポケットがあればそこに入れてもいいんですが、さすがにそのまま印鑑を入れるのは、あまりにも無用心かなと思ってしまいます。

後は、出先で使うときに、カバンから印鑑をそのまま取り出すのもなんだか変な気がしてしまいます。
筆入れから出てきたのなら、それほど不自然ではないですしね。

実際に印鑑は、文房具店に売っていることが多いですから、文房具と一緒に持ち歩いても不思議ではないはずです。

印鑑を持ち歩くときは、ぜひ違和感のないようにうまい方法を考えてみてください。
もしかしたら、筆入れ以上に良い場所があるかもしれませんよ。

★100円ショップの印鑑も大切に保管しましょう♪

印鑑卸売市場なら、印鑑ケースもお手頃価格でご提供です。
もちろん、実印や銀行印の登録に安心なオーダーメイド印鑑が、お手頃価格で作れます。もちろん認印もオーダーメイドなので、安心です。
印鑑卸売市場の印鑑はこちらからご購入できます。

中小企業 - 作業必要項目書
http://hokkaido-e.net/

ページの先頭へ